露光機自作

 UV硬化樹脂を塗布し、露光して硬化させます。

太陽光で露光できますが、天候や季節に影響されない露光をするには露光機が必要です。自作は難しくありません。

 

 UV 硬化には、ケミカルランプと呼ばれる捕虫器用蛍光ランプを使い、直管型蛍光灯用の台座(ベース)に取り付けます。台座をコンセントに繋ぐ配線は、撚り線のコードの片方に銅単線の端子を付け、もう片方にプラグを付けるのですが、新東電器が端子付きの電源コードを販売しています。台座の端子台に差し込むだけで配線ができます。

SPF 材で露光機の骨組みを作ります。

ケミカルランプは、東芝:FL15BL 捕虫器用蛍光ランプです。

台座は、パナソニック:FA11031Z GM  です。

端子付きの電源コード(新東電器:補助コード1m棒端子)と中間スイッチ付延長コードです。

 台座を組み立てます。

写真1 台座の中です。

写真2 グローランプをつけ、ソケットを取り付けます。

写真3 支柱に木ねじで取り付け、電源コードを接続します。

台座を付けた支柱をはめ込みます。取り外し自由です。

内壁と天井を、プラダン(プラスチック製のダンボール)にアルミホイルを貼ったもので覆います。

台は黒ペンキを塗り、反射しないようにします。